ビタミンB1の効果と働きについて

ビタミンB1とは


ビタミンB1は一種のビタミンBの一種で、チアミンとよばれているものです。
ビタミンB1は脚気という病気に深い関連があります。
脚気とは手足のしびれや歩行困難などの症状があらわれる病気で、ビタミンB1の不足が原因とされています。

日本人は昔から米を主食にしてきましたが、それは玄米や雑穀米でした。近代になるにつれ、白米に代わってきましたが、ビタミンなどの微量栄養素を豊富にふくんでいる胚芽の部分をそぎおとしてしまったため、栄養価が大幅に低下してしまったのです。これにプラスして昔は副食も豊かなものではなかったため、ビタミンB1欠乏症である脚気が流行してしまったのです。

ビタミンB1の働きは炭水化物を消化してスムーズにエネルギー化することです。ビタミンB1が不足しているとエネルギー化がスムーズに行われなくなるため、エネルギー不足となり疲労を残しやすくなります。

疲れが気になったらはじめにとりたいのがビタミンB1です。
ビタミンB1は「精神状態を良くするビタミン」といわれており、神経の働きを良くする効果があります。ストレスをつよく感じているときも不足しないように気をつける必要があります。


ビタミンB1の効果



  • 疲労回復神経の働きを良くし、炭水化物の消化を促進する


  • 疲労回復


  • 精神的に安定する



ビタミンB1を多めにとるべき場合


アルコールをたくさん飲む


アルコールを分解するためにビタミンB1が大量に消費されるため、不足することがあります。


甘いものが好き


糖分をエネルギー化するときに、ビタミンB1を消費します。


ストレスを強く感じる


ビタミンB1は精神ビタミンといわれており、精神状態を安定に保つ効果が期待できます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。