ビタミンB12の効果と働きについて

ビタミンB12とは


ビタミンB12ビタミンBの一種で、コバラミンといわれているものです。
神経の正常な働きに不可欠なビタミンで、神経痛を軽減する医薬品にはビタミンB12が含まれていることが多くあります。
医師が処方するメチコバールという医薬品は「神経の働きをよくする」という目的で処方されますが、中身はビタミンB12です。

ビタミンB12は葉酸とともに赤血球をつくるプロセスにかかわっており、不足した場合は貧血の原因になることがあります。
神経の正常な働きをたもつこともビタミンB12の重要な働きで、不足した場合は精神的にも悪影響を及ぼします。

ビタミンB12のサプリメントはシアノコバラミンとメコバラミンに分けることができます。
これはどちらもビタミンB12ですが、活性の強さはメコバラミンの方が強力です。
そのため末梢神経にたいする効果を期待するために処方されるビタミンB12はメコバラミンです。
一般的なサプリメントではシアノコバラミンがほとんどですが、メコバラミンのサプリメントも販売されています。


ビタミンB12の効果



  • 赤血球をつくる


  • 神経の正常な働きをたすける


  • 記憶力や集中力をたかめて、精神を安定させる



ビタミンB12を多めにとるべき場合


菜食主義者である


ビタミンB12は動物性食品に含まれています。
そのため肉や魚だけでなく乳製品や卵も食べない厳格な菜食主義者の場合はビタミンB12が不足するおそれがあります。


胃からの栄養摂取がむずかしい


高齢者や何らかの病気などで、胃から栄養素を吸収する力が衰えている場合はビタミンB12が不足するおそれがあります。
ビタミンB12はもともと胃からの吸収率がひくいため、ビタミンB12のサプリメントは舌下錠のものが多く販売されています。
舌下錠とは舌下でゆっくり溶かすことで毛細血管から吸収するタイプの錠剤です。
舌下には毛細血管が集中しており、胃よりも効果的に吸収されます。


神経痛、肩こり、腰痛、手足のしびれ


肩こりや腰痛、手足のしびれを緩和する医薬品が販売されています。
こうした医薬品の成分を調べてみると、ビタミンB12が含まれていることがほとんどです。
ビタミンB12は神経の働きを正常にたもつ効果があるため配合されています。


貧血ぎみ


鉄分不足による貧血がほとんどですが、ビタミンB12の不足も貧血の原因になります。
ビタミンB12は赤血球をつくるプロセスに関わっており、貧血になるのを防ぎます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。