コリンの効果と働きについて

コリンとは


コリンとはホスファチジルコリンともいわれているビタミンBの一種です。


コリンは同じビタミンBの一種であるイノシトールとの関連性が強いリン脂質です。
イノシトールは抗脂肪肝ビタミンといわれているもので、肝臓に中性脂肪が蓄積するのをふせぐ効果がありましたが、コリンにも同様の効果があります。
正確にはイノシトールとコリンは協力し合いながら作用するものです。


イノシトールには脂肪肝をふせぐ、記憶力や集中力の低下をふせぐ、脳を沈静化し精神的に安定させるなどの効果がありますが、これはコリンにもあてはまります。
コリンとイノシトールを十分にとるためには大豆レシチンや卵黄レシチンを利用するといいでしょう。レシチンはイノシトールとコリンの両方を多く含んでいます。


コリンの効果



  • 脂肪肝をふせぐ


  • リン脂質を形成する


  • 記憶力や集中力の低下をふせぐ


  • 精神的安定に不可欠



コリンを多めにとるべき場合


脂肪分のとりすぎ


脂肪分の多い食事を好む人は脂肪肝をふせぐ目的でコリンが重要です。


アルコールをよく飲む


アルコールをよく飲む人も脂肪分のとり過ぎと同じように脂肪肝をふせぐ目的でコリンが重要です。


コレステロール値が高い


コリンは脂肪とコレステロールを代謝するため、コレステロール値を下げる効果が期待できます。


脳のはたらきを強化したい


イノシトールやコリンなどのリン脂質は脳組織に大量に存在します。
リン脂質は脳内の化学伝達に必要な物質で、集中力や記憶力の低下をふせぐ効果があります。


イライラしたり、落ち着かない


ビタミンB不足の症状として、イライラしたり落ち着きがなくなったりというような精神的に不安定になるケースがあります。
他のビタミンBと同じようにイノシトールやコリンの不足も精神的に不安定な状態になる原因です。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。