ビタミンCの効果と働きについて

ビタミンCとは


アスコルビン酸ともいわれるビタミンCは世界で最も多く販売されているサプリメントの一つです。
ビタミンCの効果と働きは多岐にわたります。
ビタミンCは壊血病というビタミンC不足が招く病気にならないために必要といわれてきましたが、今日では数多くの効果や働きがあるビタミンであることがわかりました。


シミの緩和や肌の美白、コラーゲンの形成などの美容面での効果や風邪の予防、発がん性物質の分解、抗ストレス効果、抗酸化作用、抗アレルギー効果、鉄分などのミネラルの吸収アップなどが代表的な効果です。


ビタミンCの美容面での効果を考えてみると、シミの緩和や肌の美白があげられます。
ビタミンCは肌のメラニン色素を薄くする効果があるため、シミやそばかすが徐々に薄くなり透明感が増してくることになります。
ビタミンCのコラーゲンを作る効果も重要です。
コラーゲンとは肌のセメントのような働きをしているタンパク質ですが、コラーゲンが増えることでいわゆるハリがある肌になります。


ビタミンCの抗酸化作用も重要なはたらきです。
例えばタバコを吸うと体内では活性酸素が発生します。
活性酸素とは悪玉酸素といわれているもので、細胞を著しく傷つけてしまうものです。活性酸素はタバコの煙だけではなく、有害物質、医薬品、精神的ストレス、過度な運動などにより発生します。
ビタミンCはこのような活性酸素を無害化する効果があります。


花粉症の症状を軽減するためにビタミンCを利用するのも有効です。
ビタミンCは体内にあるアレルギー物質であるヒスタミンの量を減らすことができます。
ヒスタミンは花粉症やハウスダストによる鼻炎の原因になっているアレルギー物質です。


ビタミンCの効果



  • 鉄分の吸収をたすける


  • コラーゲンの形成を促進する


  • シミを減らす


  • 肌の美白


  • 発がん性物質の分解


  • 風邪の予防


  • 抗ストレス効果


  • 抗酸化効果


  • 抗アレルギー効果



ビタミンCを多めにとるべき場合


シミが気になる


メラニン色素の蓄積がシミになります。
メラニン色素を薄くするためにビタミンCが有効です。
美容外科などでは肌に塗るタイプのビタミンC(脂溶性ビタミンC)クリームを処方しています。


肌の美白を促進したい


シミと同じようにメラニン色素が減ることで、透明感が増してきます。


喫煙者である


タバコを吸うと大量のビタミンCが消費されます。
タバコの煙に含まれている有害物質の影響を少なくするためにビタミンCを補給することが重要です。


風邪の予防


ビタミンCが風邪の予防に効果があるという話は有名です。
この効果は微妙ですが、風邪や病気の際には体に対してストレスがかかるため、ビタミンCの要求量は増大します。


ストレスが多い生活をしている


精神的ストレス、身体的ストレス、環境的ストレスなどあらゆるものがストレスの原因になりえますが、ストレスが活性酸素を発生させます。
高ストレス環境においては、活性酸素から体をまもるためにビタミンCの要求量が増大します。


便秘になりやすい


メガビタミン療法という大量にビタミンをとる治療法がありますが、ビタミンCを多量にとった場合に下痢することがあります。
ただ、ビタミンCをある程度多くとることは便秘解消に役立ちます。


花粉症やハウスダスト


花粉症やハウスダストはアレルギー物質であるヒスタミンが多量に分泌されることが原因です。
ビタミンCは過剰なヒスタミンを少なくすることでアレルギー症状を軽減します。


ビタミンCのサプリメント


ビタミンCのサプリメントは錠剤、カプセル、粉末など多種多様ですが、ビタミンPを一緒に含んでいる製品が吸収力に優れています。
ビタミンPはバイオフラボノイドといわれているものでビタミンCの働きを助けます。
例えばバラの実(ローズヒップ)から得られたビタミンCはビタミンPを含んでいます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。