ビタミンEの効果と働きについて

ビタミンEとは


ビタミンEはトコフェロールとトコトリエノールの二種類が存在しています。
長らくビタミンEといえばトコフェロールのことを指しており、ビタミンEのサプリメントもトコフェロールが含まれているものでした。
しかし近年になって、もうひとつのビタミンEであるトコトリエノールも取りざたされるようになってきました。


ビタミンEの効果と働きは多岐にわたりますが、血行促進、抗酸化作用が代表的です。
ビタミンEは脂溶性のビタミンであるため、体内の脂質に関連した組織で働きます。
ビタミンEの抗酸化作用に関しては、脂肪を活性酸素からまもり、過酸化脂質の形成を防ぐ効果があげられます。


体内のコレステロールや中性脂肪が活性酸素の影響により酸化されると、過酸化脂質という悪玉の脂肪に変化します。
過酸化脂質は細胞を傷つけ、動脈硬化の原因とされているものです。そして、いくつかある発がんの原因の一つとされています。
コレステロールや中性脂肪が酸化されないようにビタミンEが活性酸素を無害化します。


血液循環が悪くなることは肩こりや腰痛、冷え性、筋肉痛の原因になります。
ビタミンEは血行促進効果があるため、市販の肩こりに効く薬に含まれていることがあります。


血管の中に血栓という塊ができることがあります。
この血栓は血液の流れを阻害するため、さらなる病の原因になりえます。ビタミンEは血栓を防ぐだけでなく、血栓を溶解する効果もあります。


ビタミンEは抗酸化物質として働きますが、抗酸化作用を発揮したのちは不活性となってしまいます。
この活性を失ったビタミンEを再生するのがビタミンCです。
ビタミンCも重要な抗酸化物質ですが、水溶性ビタミンなので体の親水性の部分で働きます。
ビタミンEの寿命をのばすためにビタミンCも合わせてとることは効率がよい抗酸化物質のとり方です。
新しいビタミンEとして取りざたされているトコトリエノールはトコフェロールよりも抗酸化作用に優れているため、活性酸素による老化を防ぐことを目的に美容面での利用が目立ちます。


ビタミンEの効果



  • 脂質の酸化を防ぐ


  • 血行促進


  • 疲労回復


  • 血栓の予防と溶解


  • 抗ストレス効果


  • 抗酸化効果



ビタミンEを多めにとるべき場合


ストレスが多い生活である


ストレスにより活性酸素が発生します。
ビタミンCと合わせてビタミンEをとることが有効です。


血行が悪い


ビタミンEは血行促進効果があるため、市販薬や処方箋にビタミンEが含まれています。
肩こりや腰痛、冷え性の原因の一つは血行不良であるため、ビタミンEをとることで改善が期待できます。


筋肉痛、疲労


ビタミンEは筋肉をやわらかくほぐし、筋肉痛や疲労を予防します。


ビタミンEのサプリメント


ビタミンEのサプリメントはトコフェロールを含んだものとトコトリエノールを含んだものがあります。
そして、両方を含んだ製品も販売されています。
どちらも活性酸素から体を守る効果がありますが、抗酸化力にすぐれたトコトリエノールが美容面で注目されています。


ビタミンEの副作用


ビタミンEはビタミンAビタミンDのように脂溶性ビタミンです。
脂溶性ビタミンは体内に蓄積するため過剰症の危険性がありますが、ビタミンEは比較的体内にとどまっている時間が短いため、過剰症ついて考慮することはほとんどありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。