マグネシウムの効果と働きについて

マグネシムとは


カルシウムとあわせて考えることが多いミネラルがマグネシウムです。
マグネシウムはカルシウムの吸収をたすける役割があるからです。
日本人はカルシウムが不足しているという話をききますが、カルシウムの摂取量が少ないことだけでなく、吸収をたすけるマグネシウムが足りていないことも大きな原因です。


マグネシウムはカルシウムに次いで必要量が多いミネラルですが、加工食品を食べることが多くなった現代ではなかなか十分に摂ることができません。
マグネシウムを十分に含む食品はもともと数少なく、世界的な栄養事情でもマグネシウム不足が問題となっています。
マグネシウムはただでさえ十分に摂ることができないものですが、それに輪をかけてアルコールの飲み過ぎやストレスにより、減少します。


マグネシウムの効果



  • カルシウムの吸収をたすける


  • 精神的に安定する



マグネシウムを多めにとるべき場合


加工食品を多く食べている


カルシウムも同様ですが、加工食品に頼ることが多くなった今日では、マグネシウムは不足しがちです。


骨を丈夫にしたい


カルシウムと合わせてマグネシウムを摂ることで、カルシウムを有効に利用できるようになります。


カルシウムも同様ですが、加工食品に頼ることが多くなった今日では、マグネシウムは不足しがちです。


精神的に不安定である


マグネシウムは抗ストレスミネラルといわれており、ストレス下では消費しやすくなります。


アルコールをよく飲む


アルコールはビタミンBをはじめとして、多くの栄養素を破壊します。マグネシウムもアルコールにより減少します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。