カルニチンの効果と働きについて

カルニチンとは


脂肪を燃焼する働きがあるため、ダイエット効果を期待して利用されることが多いアミノ酸です。
カルニチンは体内で同じアミノ酸であるメチオニンとリジンから合成されます。
カルニチンは脂肪酸をエネルギー化する細胞内のミトコンドリアへ脂肪酸を運搬する役割があります。
そのためカルニチンサプリメントを摂ることで、より多くの脂肪酸をミトコンドリアへ運び込み、脂肪を燃焼することがダイエット効果があるとされる理由となっています。

カルニチンは妊娠中や子供が母乳で育っている期間は必要量が増大します。
カルニチンは体内で他のアミノ酸から合成可能であるため、必須アミノ酸に指定されていません。
しかし、妊娠中や乳児期においては必要量が増大するため、「条件付き必須アミノ酸」という扱いになっています。

*必須アミノ酸とは他のアミノ酸から合成不可能であるため、食事やサプリメントで補う必要があるアミノ酸。

カルニチンは心臓機能を向上させるアミノ酸であることが種々の研究から明らかになっています。
高血圧と糖尿病を抱えた被験者はカルニチンの投与により、著しく不整脈が減少し、運動耐性レベルと酸素消費量が増えました。
しかし、こうした研究が行われているにもかかわらず、運動競技における運動能力向上や筋力増強に効果があるという確証は得られていません。

カルニチンのサプリメントはカルニチンとよく似ているアセチルカルニチンを採用した製品も流通しています。
アセチルカルニチンは脂肪燃焼効果にプラスして、アルツハイマーの予防効果が研究されています。
アセチルカルニチンの一部であるアセチル基は神経伝達物質であるアセチルコリンの生産に重要な役割を果たしています。


カルニチンの効果



  • 脂肪をエネルギー化するミトコンドリアへ脂肪酸を運搬する



カルニチンを利用するケース


効率よくダイエットしたい


カルニチンの脂肪燃焼効果がダイエットに利用されています。
おそらくカルニチンサプリメントを購入する目的はほとんどがダイエット効果を期待しているものと思われます。
カルニチンをダイエットに利用する場合は、有酸素運動を行うことが重要です。
そして運動中に体内にカルニチンが存在していることが必要であるため、運動前にカルニチンを摂ることが最も効果がある使い方です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。