アルギニンの効果と働きについて

アルギニンとは


アルギニンは免疫機能を刺激し、体の傷を治し、成長ホルモン、インシュリンおよびグルカゴンなどの様々なホルモンの分泌を促進し、体から有害なアンモニアを除去するなどのいくつかの体機能に関係しています。

体の成長を促進する効果があるアルギニンはウエイトトレーニングやボディビルディングのような体に負荷をかける運動を行なっている人に注目されています。

体が成長するためには成長ホルモンを分泌する必要があります。
若いうちは成長ホルモンが活発に分泌されますが、年をとるにしたがって体が分泌する成長ホルモンが少なくなってきます。
成長ホルモンを分泌するにはいくつかのビタミン、ミネラル、アミノ酸を必要としており、これらの栄養素が満たされている時に分泌されます。
成長ホルモンは睡眠中に分泌されますが、「寝る子は育つ」というのもあながち外れてはいないと思います。

成長ホルモンは脂肪を燃焼すると同時に筋肉質な体をつくるだけではなく、傷ついた筋肉を修復する効果があります。
成長ホルモンを分泌するためにアルギニンが必要であるため、ウエイトトレーニングを行う人に利用されています。


アルギニンの効果



  • 成長ホルモンを分泌する


  • 筋肉を修復する


  • 疲労回復



アルギニンを利用するケース


ウエイトトレーニングを行なっている


体の成長を促す成長ホルモンを分泌する目的でアルギニンを利用できます。
成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、十分に睡眠をとることも重要です。体は寝ている間に成長します。


ダイエットしたい


成長ホルモンは脂肪の少ない体をつくる働きがあるため、成長ホルモンを分泌する目的でアルギニンを利用できます。
成長ホルモンは睡眠中に分泌されることを考えると、「眠らないと太る」というのも一理あると思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。