ルテインの効果と働きについて

ルテインとは


ルテインはベータカロチンリコピンと同じくカロチノイドに属する抗酸化物質です。
おもにルテインは眼の健康を守るサプリメントとして、しられています。

どうしても日常的に眼は太陽の光を浴びますが、これは将来的に視力の低下などをはじめとした眼の機能が低下する大きな原因の一つです。
太陽の紫外線を浴びることで発生する活性酸素により、網膜の中にある黄斑という部分がダメージを受け続けると黄斑変性という眼の病気になります。

こうしたことを考えると、できるだけ紫外線から眼を守ることが重要になります。
欧米では眼を守るためにサングラスをする文化がありますが、なぜか日本においてはサングラスは失礼であるという風潮があります。

黄斑変性にはいくつかの種類があり、その中でもっとも多いのが老人性黄斑変性といわれているものです。
長い間、眼を使い続けてきたことと太陽からの紫外線によって発生した活性酸素のダメージが蓄積したことにより、黄斑変性となる人が多いのです。

体の諸器官の中でも眼球の黄斑という部分に多く集まっていることがルテインの特徴です。
黄斑に多く集まっているルテインは活性酸素のダメージから黄斑を守ることで、黄斑変性になるのを防ぎます。

近年、紫外線の悪影響が取りざたされるようになってきました。
日焼け止めを塗り、長袖のシャツを着ることで肌を紫外線から守ることができますが、眼は守りようがありません。

ルテインが多く含まれている緑黄色野菜をたくさん食べることと、ルテインを含んだサプリメントを摂ることで、黄斑のルテイン量を増やすことが可能です。
外出時にはサングラスをかけることも眼を守る有効な方法です。


ルテインの効果



  • 紫外線により生ずる活性酸素から眼の黄斑を守り、黄斑変性を防ぐ



ルテインを利用するケース


眼の健康が気になる


眼を酷使している場合や紫外線を多く浴び続けていると黄斑変性の原因となります。
黄斑変性というと高齢者に多いものとされていますが、高齢者ばかりではありません。
若い人でも眼の組織に体液が溜まってしまう黄斑変性の一種になることもあります。
眼の健康が気になる人はルテインを多く摂るようにすると、黄斑変性の予防になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。