テアニンの効果と働きについて

テアニンとは

 

テアニンは緑茶に含まれているアミノ酸で、アルツハイマーを防ぐこと、制癌剤の効果をたかめること、そしてリラックスすることや不安解消と高血圧を治療するために使います。

緑茶にはカテキンという抗酸化物質が含まれており、このカテキンの効果は有益なものですがテアニンとカテキンを混同してはいけません。
これらは独立した関係のない物質です。

テアニンはリラックス効果をもたらすアミノ酸とされており、実際、テアニンはグルタミン酸塩(神経インパルスを脳の中に送ることに役立っているアミノ酸)に非常に類似した化学構造を持っています。


テアニンの副作用


テアニン自体には注目すべき副作用はありません。
しかし問題になるのは医薬品との相互作用です。
テアニンは血圧を下げる効果があるため、高血圧を治療する目的で利用されることがあります。
そのため、血圧を下げるカプトプリル、エナラプリル、ロサルタン、ゼルチアゼム、アムロジピン、ヒドロクロロチアジド、フロセミドなどの医薬品を利用している場合は、血圧が下がりすぎることがあります。


テアニンの効果



  • リラックス効果をもたらす


  • 血圧を下げる



テアニンを利用するケース


リラックスしたい


テアニンは脳の興奮を鎮める効果があるアミノ酸であるため、結果としてリラックス効果をもたらします。
逆に脳を興奮させる物質も存在しており、テアニンはこれらの物質に拮抗することで作用します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。