アルファリポ酸の効果・副作用・摂取量

アルファリポ酸の概要


アルファリポ酸は、抗酸化物質といわれるビタミンのような化学物質です。
酵母、レバー、キドニー、ホウレンソウ、ブロッコリー、ジャガイモは、アルファリポ酸を多く含んでおり、アルファリポ酸の良い供給源です。
また、食品以外にも、アルファリポ酸はサプリメントとして使用する目的で、ラボでも作られています。


アルファリポ酸は、手や足の灼熱感、痛み、しびれなどの糖尿病の症状と神経に関係した糖尿病の症状に対して使用されます。
ドイツでは、高用量のアルファリポ酸が、これらの症状の治療のために認可されています。
その他、記憶喪失、慢性疲労症候群(慢性疲労症候群)、HIV/エイズ、がん、肝臓病、心血管疾患(心臓の自律神経ニューロパシーといわれる障害を含めて)とライム病のためにアルファリポ酸がしようされることがあります。


また、アルファリポ酸は網膜のダメージ、白内障、緑内障、ウィルソン病といわれる眼疾患のような、眼に関する疾患を治療するためにも使用されます。


アルファリポ酸の効果



  • アルファリポ酸は、体内の特定の種類の細胞ダメージを防ぐのを助け、そしてビタミンEビタミンCのようなビタミンレベルを回復します。


  • 糖尿病において、アルファリポ酸が神経細胞の機能と伝導を改善するというエビデンスがあります。


  • アルファリポ酸は体内の炭水化物を分解して、体の他の器官にエネルギーを与えます。
    アルファリポ酸は、脳にダメージを受けている場合や、障害がある場合に脳を保護する抗酸化物質として機能します。また、抗酸化効果は、ある特定の肝疾患に役立つかもしれません。



アルファリポ酸の副作用と安全性


飲用するか、皮膚に塗る場合、アルファリポ酸は、おそらくほとんどの成人にとって安全です。
アルファリポ酸を摂っている人は、もしかすると発疹ができるかもしれません。
ビタミンB1不足の人は、アルファリポ酸を摂る場合は、ビタミンB1サプリメントも摂るべきです。
アルファリポ酸が血糖値を下げるかもしれないため、糖尿病の人は血糖値をチェックするべきです。


アルファリポ酸に関する特別な注意と警告


妊娠と母乳哺育


妊娠中と母乳哺育中におけるアルファリポ酸の影響については、ほとんど知られていません。
念のため、大事をとり、使用しないでください。


糖尿病


アルファリポ酸は血糖値を減少させることがあります。
糖尿病治療薬の用量などを医師に調整してもらう必要があるかもしれません。


過度のアルコール摂取とビタミンB1不足


アルコールが体内のビタミンB1の量を下げることがあります。
ビタミンB1不足の場合、アルファリポ酸を摂ることは重大な健康問題を起こすかもしれません。
たくさんのアルコールを飲んで、アルファリポ酸を摂る場合は、ビタミンB1サプリメントを摂るべきです。


甲状腺疾患


アルファリポ酸を摂ることは、甲状腺機能低下症や甲状腺機能亢進症に対する治療を妨げるかもしれません。


アルファリポ酸の服用量


以下の用量は、科学的に研究されています。


2型糖尿病の治療や、足や腕の灼熱感、痛み、しびれなどの症状を改善する場合:600mgから1200mg。
その他の目的:製品ラベルの記載に従ってください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。