ブラックコホッシュの効果・副作用・摂取量

ブラックコホッシュの概要


ブラックコホッシュはハーブの一種です。
ブラックコホッシュの根は薬として使用されます。


ブラックコホッシュは、最初ネイティブアメリカンによって薬として使われました。
そして、ブラックコホッシュは、ヨーロッパからの入植者に紹介され、広まっていきました。
ブラックコホッシュは1950年代半ばに、ヨーロッパで女性たちの健康問題を扱うポピュラーなハーブになりました。


その時から、一般的にブラックコホッシュが閉経期、月経前症候群(PMS)、強い痛みを伴う月経、ニキビ、骨粗しょう症、妊娠中の女性の陣痛の症状を治療するために使われました。
また、ブラックコホッシュは、不安、リウマチ、熱、咽頭炎、咳などの多くの症状について試験されました。
しかし、現在、ほとんど、これらの目的のためにブラックコホッシュを使うことはありません。


当時、肌に直接ブラックコホッシュを使用する人もいました。
これはブラックコホッシュが肌をきれいにするという効果があったからです。
同様に、ニキビ、いぼの除去、あざの除去のような肌の健康状態のためにブラックコホッシュを使いました。
しかし、現在、このような目的でブラックコホッシュを使用することは滅多にありません。
ブラックコホッシュは、かつて防虫剤として使用されたこともありますが、すでに、この目的のためにブラックコホッシュは使われません。
当時の辺境開拓者は、ブラックコホッシュがガラガラヘビに噛まれた傷に有効であったといいましたが、しかし近代的な研究者は、それをテストしませんでした。


ブラックコホッシュをブルーコホッシュやホワイトコホッシュと混同しないでください。
これらは無関係な植物です。
ブルーコホッシュやホワイトコホッシュは、ブラックコホッシュと同じ効果はありません。
そして安全ではない可能性があります。


ブラックコホッシュは「エストロゲンハーブ」あるいは「エストロゲンの代用」といわれていますが、そのようにみなされるのは正確ではありません。
実際には、「一部の人々において、エストロゲンに似た効果があるハーブ」であると考えることが、より正確です。


ブラックコホッシュの効果



  • ブラックコホッシュルートは体に影響を与えるかもしれない、いくつかの化学物質を含んでいます。
    これらの化学物質のいくつかが免疫システムに作用して、病気に対する体の防御力に影響を与えるかもしれません。


  • ブラックコホッシュに含まれる化学物質のいくつかは、体が炎症を減らすのを助けるかもしれません。


  • ブラックコホッシュルートは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た効果を持っています。


  • 体のいくつかの部位において、ブラックコホッシュはエストロゲンの効果を増やすかもしれません。そして、ある部位において、エストロゲンの効果を減らすかもしれません。



ブラックコホッシュの副作用と安全性


大人が適切に使用する場合、おそらくブラックコホッシュは安全です。


ブラックコホッシュは胃失調、筋けいれん、頭痛、発疹、重苦しい感じ、体重増加のような、いくつかの軽い副作用を起こすことがあります。


また、ブラックコホッシュが肝臓障害と関係があるかもしれないという懸念があります。
ブラックコホッシュが実際に肝臓障害を起こすかどうかは、はっきりと知られていません。
このことは現在、研究者のテーマになっています。さらにはっきりしたことがわかるまで、ブラックコホッシュを摂る人は肝臓障害の症状に注意するべきです。肝臓障害を起こしているかもしれない症状のいくつかは、皮膚と目が黄色くなること(黄疸)、異常な疲労、黒い尿などです。
これらの症状が生じた場合は、ブラックコホッシュを摂るのを中止して、医療従事者に連絡するべきです。
ブラックコホッシュを摂っている人は、肝臓がきちんと機能していることを確認するテストを受けることについて、医療従事者に相談するべきです。


ブラックコホッシュに関する特別な注意と警告


妊娠中や母乳哺育中


妊娠中や母乳哺育中にブラックコホッシュを使う場合、おそらく安全ではありません。
ブラックコホッシュは、女性ホルモンのように作用するため、流産のリスクを増やすかもしれません。


乳がん


ブラックコホッシュが既存の乳がんを悪化させるかもしれないという若干の懸念があります。
乳がんである女性、過去に乳がんになったことがある女性、乳がんになるリスクが高い女性は、ブラックコホッシュを避けるべきです。


子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣がん、子宮がん、ホルモンに敏感な状態


ブラックコホッシュは、女性ホルモンであるエストロゲンのように作用します。
このことが女性ホルモンに敏感な状態を悪化させるかもしれないという若干の懸念があります。
女性ホルモンによって影響を受ける病気である場合は、ブラックコホッシュをとらないでください。
これらの病気とは、卵巣がん、子宮がん、子宮内膜症、子宮筋腫などを含みます。


肝疾患


いくつかの研究結果が、ブラックコホッシュが肝臓障害を起こす可能性を示唆しています。
しかし、ブラックコホッシュが肝臓障害の原因であるかどうかははっきりと知られていません。
さらにはっきりしたことがわかるまで、肝臓障害がある人はブラックコホッシュをとるのを避けるべきです。


腎臓移植


ブラックコホッシュとアルファルファを含んでいる製品を摂ることは(今まで)腎臓移植拒絶反応に関係しているとされていました。
ブラックコホッシュがこの拒絶の原因であるかどうかは知られていません。
さらにはっきりしたことがわかるまで、移植を受けた人はブラックコホッシュを避けるべきです。


プロテインS欠損症


プロテインS欠乏症といわれる病状である人は、血栓が増加するリスクがあります。
いくつかの他のハーブ製品とともにブラックコホッシュをとった後で、プロテインS欠乏症である人の血栓が増えたという報告があります。
さらにはっきりしたことがわかるまで、プロテインS欠乏症である人はブラックコホッシュを避けるべきです。


ブラックコホッシュの服用量


以下の用量は、科学的に研究されています。


更年期の症状:20ミリグラムから80ミリグラムを1日1回、あるいは1日に2回。


骨粗しょう症:毎日40ミリグラム。


その他の目的:製品ラベルの記載に従ってください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。