メラトニンの効果・副作用・摂取量

メラトニンの概要


メラトニンは体内に自然に生じるホルモンです。
サプリメントとして使用されるメラトニンは、人工的に合成されます。


メラトニンは、一般的に飲用するタイプの錠剤が利用されますが、頬の内側に入れるタイプや、舌下錠も利用可能です。
これらは胃を通さずに、口内の毛細血管から直接メラトニンを吸収できるため、効果があらわれるのが早いという特徴があります。


メラトニンは抗酸化物質でもあるため、フリーラジカル捕捉剤とし使用されることもあります。


さらに、いくつかのがんの治療にも使用されます。


しかし、一般的にメラトニンは、昼夜のサイクルを整えて、眠るべき時刻にしっかり睡眠をとることや時差ボケに利用されます。


メラトニンの用途や特記事項


メラトニンは、シフト勤務の人の睡眠と起床のサイクルを調整し、盲目の人が昼夜サイクルを確立するのを助け、そして、時差ぼけのために使用されます。


メラトニンは入眠困難(不眠症)のために使用されます。


注意欠陥多動性障害(ADHD)と関連した不眠症に使用されます。


ベータ遮断薬といわれるある特定の高血圧治療薬が原因である不眠症に使用されます。


自閉症、脳性小児麻痺、知的障害などの発育障害である子供の睡眠障害に使用されます


ベンゾジアゼピン薬(睡眠薬)の使用を中止した後の睡眠補助薬として使用されます。


手術のために麻酔する前に、患者を落ち着かせるために使用されます。


メラトニンの効果



  • メラトニンの主な仕事は、睡眠と起床のサイクルを調節することです。視界が暗くなると、体は眠る準備をするために、脳の松果体からメラトニンを分泌します。逆に、視界が明るくなると、メラトニンの産生は減少し、目を覚ます準備をします。


  • 睡眠障害である人は、メラトニンのレベルが低いことがあります。サプリメントでメラトニンを摂ることは、入眠を始めとした睡眠サイクルを整えると考えられます。



メラトニンの副作用と安全性


短期的に使用する場合、メラトニンは、おそらくほとんどの成人に安全です。


メラトニンは頭痛、短期的なうつ状態、日中の眠気、めまい、胃痛、短気などの副作用を起こすことがあります。メラトニンを服用した後に車を運転したり、機械類の操作をしないでください。


メラトニンに関する特別な注意と警告


妊娠中や母乳哺育中


妊娠中のメラトニンの使用は、おそらく安全ではありません。
妊娠中はメラトニンを使用しないでください。
また、メラトニンは、妊娠することを困難にし、排卵を妨害する可能性があります。
それ以外に、妊娠中と母乳哺育中に対するメラトニンの使用については、ほとんど知られていません。
メラトニンを使用しないのが、ベストです。


子供たち


メラトニンは、基本的に子供たちに使用するべきではありません。
メラトニンは、子供に対して、おそらく安全ではありません。
他のホルモンに対する影響により、メラトニンが思春期の発育を妨げる可能性があります。


高血圧


メラトニンは、血圧をコントロールするための薬を飲んでいる場合、血圧を上げることがあります。
この場合、メラトニンの使用を避けてください。


糖尿病


メラトニンは糖尿病の人の血糖値を増やす可能性があります。
糖尿病でメラトニンを摂る場合は、慎重に血糖値をモニターしてください。


うつ病


メラトニンはうつ病の症状をさらに悪化させることがあります。


発作性疾患


メラトニンの使用は、発作のリスクを高める可能性があります。


メラトニンの服用量


以下の用量は、科学的に研究されています。


不眠症のために:典型的な服用量は、就寝時刻の30分前に0.3mgから5mgです。


入眠するのが遅い不眠症の子供のために:午後六時に5mgのメラトニンを摂ります。


時差ぼけのために:一般的に、目的地への到着日の就寝時間に0.5mgから5mgを摂り、2日から5日間継続します。


手術前の不安を減らすために:舌下錠で0.05mg/kg。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。