亜麻仁油の効果・副作用・摂取量

亜麻仁油の概要


亜麻仁油は、亜麻の種から得られるオイルです。


現代の食生活における特徴の1つが、「バランスの悪い脂肪の摂り方」です。脂肪にはいろいろな種類がありますが、現代食に含まれている脂肪は非常にバランスが悪く、健康を損なう一因となっています。


亜麻仁油は、普段なかなか摂ることができない健康に良い脂肪であるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれていることが特徴です。


現代では、亜麻仁油を摂ることはほとんどなくなりましたが、大昔の人々は亜麻仁油を十分に得ていたようです。


近年、オメガ3脂肪酸の健康効果がわかるにつれて、亜麻仁油や魚から得られるDHAEPAなどが注目されるようになってきました。


亜麻仁油の健康効果は多岐にわたり、特別な病気である人以外にも、日常的に亜麻仁油を摂る人が多くなってきました。


海外では亜麻仁油はフラックスシードオイル(Flax Seed Oil)といわれており、健康意識が高い人に好まれています。


亜麻仁油には、リグナンという繊維が含まれています。このリグナンも亜麻仁油の健康効果を後押しする成分の1つです。


肉体的だけではなく、亜麻仁油をはじめとしたオメガ3脂肪酸は、精神的にもプラスとなる影響を与えます。そのため、うつ病や更年期障害に伴うイライラ感、月経前症候群(PMS)に伴うネガティブな感情を軽減する効果も注目されています。


亜麻仁油の効果



  • 炎症を軽減する。


  • コレステロール値、血圧、中性脂肪値を下げて血栓ができるのを防ぐ。


  • ホルモンバランスを整える。


  • ほてりなどの更年期障害の症状を軽減する。


  • 月経前症候群(PMS)の症状を軽減する。


  • 精神的に安定する。


  • がん細胞の成長を抑える。



亜麻仁油の用途や特記事項


関節リウマチ、高コレステロールなど、多くの疾患に使用されます。


骨関節炎、不安症、花粉症、前立腺肥大症(BPH) 、ドライアイ、動脈硬化(アテローム性動脈硬化症)、高血圧、心疾患、糖尿病、注意欠陥多動性障害(ADHD)を治療するために使用されます。


便秘の解消のために使用されます。


減量を促進するために使用されます。


肌に直接塗ることで、皮膚を柔らかく滑らかにするために使用されます。


亜麻仁油は熱や光に弱いため、冷蔵庫で保管してください。熱や光により効果を失います。


亜麻仁油の副作用と安全性


適切に摂取する場合、おそらく、亜麻仁油はたいていの人に安全です。


一度に多く(30g以上)摂った場合、下痢になる可能性があります。


亜麻仁油に関する特別な注意と警告


妊娠中や母乳哺育中


妊娠中や母乳哺育中における亜麻仁油の安全性については、知られていません。大事をとり、亜麻仁油を使用するのを控えてください。


出血性疾患


出血性疾患である場合、亜麻仁油は出血するリスクを高める可能性があります。出血性疾患である場合は、亜麻仁油を摂る前に、医療従事者に相談してください。


外科手術


亜麻仁油は、外科手術の間と後に出血するリスクを高める可能性があります。予定された外科手術の少なくとも2週間前に亜麻仁油を摂るのをやめてください。


亜麻仁油の服用量


以下の用量は、科学的に研究されています。


亜麻仁油の適切な服用量は、利用者の年齢、健康といくつかの他の健康状態のようないくつかの要因により異なります。


現在、亜麻仁油の適切な服用量の範囲を決定するために十分な科学的な情報がありません。


亜麻仁油は天然から得られるものですが、天然製品が常に必ず安全であるというわけではなく、服用量が重要であることを念頭においてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。