アシュワガンダの効果・副作用・摂取量

アシュワガンダの概要


アシュワガンダは、インドの伝統医療であるアーユルベーダで長い間使用されてきた強壮効果があるハーブです。


朝鮮人参エゾウコギの影に隠れて、あまり知られていないハーブですが、朝鮮人参やエゾウコギのようにアダプトゲンハーブとされています。朝鮮人参が1960年頃に「心と体を強化するアジアのハーブ」として欧米で受け入れられるようになった一方で、アシュワガンダが利用され始めたのはもっと後になってからです。


日本人は入手のしやすさから、エゾウコギや朝鮮人参を利用することがほとんでですが、インドでは「馬の臭いがする薬草」として、一般家庭でも日常的に利用されています。


強壮効果以外では、炎症を抑える効果が注目されています。
アーユルベーダでは関節炎の治療にアシュワガンダを利用しています。
この場合、ボスウェリアなどの他の抗炎症効果があるハーブを組み合わせて使用するようです。
アーユルベーダは漢方のように理論だった手法が公開されていないため、詳細は不明ですが、漢方のように複数のハーブとともに利用することで、アシュワガンダの効果をさらに高める使用法が伝えられているようです。


アシュワガンダの効果



  • 全体的な健康を増進する。


  • ストレスに対する抵抗力を強化する。


  • 免疫力を強化する。


  • 関節炎の症状を軽減する。


  • 思考力、集中力、記憶力を高める。


  • 身体機能を高めて、スタミナをつける。



アシュワガンダの用途や特記事項


アシュワガンダは関節炎、不安症、不眠症、ぜんそく、白斑、気管支炎、背中の痛み、線維筋痛、月経不順に使用されます。


アシュワガンダは、思考能力の改善、痛みと炎症の軽減、そして加齢による体力の衰えを防ぐために使用されます。


男性と女性ともに性欲の衰えを防ぐために使用します。


アシュワガンダの副作用と安全性


短期間使用する場合、おそらくアシュワガンダは安全です。
長期の使用におけるアシュワガンダの安全性は知られていません。
服用量が多すぎる場合、胃の不調、下痢、嘔吐を起こす可能性があります。


アシュワガンダに関する特別な注意と警告


妊娠中や母乳哺育中


妊娠している場合は、アシュワガンダを使用しないでください。
いくつかの研究で、アシュワガンダが流産の原因になるという可能性が発表されており、アシュワガンダを妊娠期間に使用することは安全ではないと評価されています。
そして、妊娠中と母乳哺育中におけるアシュワガンダの使用については、ほとんど知られていません。大事をとり、使用しないでください。


胃潰瘍


アシュワガンダは胃腸を刺激する場合があります。
胃潰瘍である場合は、アシュワガンダを使用しないでください。


多発性硬化症、狼そう(全身性エリテマトーデス)、関節リウマチ、あるいは他の自己免疫疾患


アシュワガンダは免疫システムの活性を高めます。このことは自己免疫疾患をさらに悪化させる可能性があります。自己免疫疾患である場合は、アシュワガンダを使用しないでください。


外科手術


アシュワガンダは中枢神経を鈍くする可能性があります。
医療研究者は、アシュワガンダと麻酔薬との相互作用について懸念を示します。予定された外科手術の少なくとも2週間前にアシュワガンダを使用するのをやめてください。


アシュワガンダの服用量


製品ラベルの指示に従ってください。
アシュワガンダの適切な服用量は、利用者の年齢、健康状態などのいくつかの要因により異なります。
現在、アシュワガンダの適切な服用量の範囲を決定するために十分な科学的な情報がありません。
天然のハーブが常に安全であるというわけではなく、服用量が重要であることを念頭においてください。
必ず該当する製品ラベルの指示に従って、使用する前に薬剤師、医師あるいは他の健康管理専門家に相談してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。