フェニルアラニンの効果・副作用・摂取量

フェニルアラニンの概要


フェニルアラニンは、タンパク質を構成するアミノ酸の一種で肉、魚、卵、乳製品に多く含まれています。


フェニルアラニンはL-フェニルアラニンとDL-フェニルアラニンの二種類が存在しています。
通常、フェニルアラニンといった場合はL-フェニルアラニンを指します。
どちらも似た名前ですが、効果や特徴は異なっています。


フェニルアラニンはアミノ酸なので、動物性タンパク質や植物性タンパク質をバランスよく摂っていれば不足することはありません。
しかしサプリメントを使用して単体のアミノ酸だけを集中して摂る場合、様々な効果が期待できます。
これはフェニルアラニンに限った話ではなく、他のアミノ酸も同様です。


フェニルアラニンは脳内の神経伝達物質を作るために欠かせないアミノ酸です。
フェニルアラニンは脳内において、ドーパミンやノルエピネフリンなどの神経伝達物質に変換されます。このような神経伝達物質は精神活動に影響を及ぼし、神経伝達物質のバランスが崩れると、うつなどの原因になることは周知のとおりです。


実際にフェニルアラニンは、アルコール禁断症状の軽減や軽度のうつに使用されることがあります。
気分が落ち込んだり、ふさぎこむことは誰にでもあることですが、あまりにも長期間つらい思いをする場合は問題になります。心療内科に行きたくない場合や抗うつ薬に抵抗がある人はフェニルアラニンを試してみる価値があります。


栄養状態が精神状態に影響を及ぼします。
「思い」などの精神活動は脳の働きによって作られます。
そして、脳だけでなく体全体はあなたが食べているもので構成されていることを忘れてはいけません。
そのため、精神的にネガティブな状態にならないように日頃から栄養状態に気を配ることはとても重要な事です。同じアミノ酸であるチロシン亜麻仁油ビタミンB群ビタミンCビタミンEカルシウムマグネシウムEPADHAは精神の安定に重要です。これらの栄養素を十分に摂ることも精神的に助けになります。


フェニルアラニンの効果



  • 記憶力を強化する。


  • ダイエット時などの空腹感を抑える。


  • 精神的な鋭敏さを強化する。


  • うつの症状を軽減する。


  • 不安感や緊張感を軽減する。



フェニルアラニンの用途や特記事項


うつ病、注意欠陥多動性障害(ADHD)、パーキンソン病、アルコール禁断症状、白斑といわれる皮膚疾患に使用されます。


フェニルアラニンの副作用と安全性


フェニルアラニンは、おそらくほとんどの人に安全です。


フェニルアラニンに関する特別な注意と警告


妊娠中や母乳哺育中


妊娠中に多くのフェニルアラニンを摂ることは、先天性欠陥の原因になる可能性があります。食事に含まれている程度のフェニルアラニンは問題ありませんが、フェニルアラニンサプリメントの利用は避けるほうが賢明です。母乳哺育中におけるフェニルアラニンの使用に関しては、十分に知られていません。大事をとり、使用しないでください。


フェニルケトン尿症


フェニルケトン尿症である場合は、フェニルアラニンを使用しないでください。
フェニルアラニンはフェニルケトン尿症を悪化させ、高血圧や卒中をはじめとした重大な症状を引き起こす可能性があります。


高血圧


フェニルアラニンは血圧を上げる可能性があります。
高血圧な場合は、フェニルアラニンを摂らないかもしくは慎重に使用してください。


精神疾患


精神疾患で抗うつ薬などを服用している場合は、フェニルアラニンが干渉する可能性があります。
この場合、フェニルアラニンを使用しないでください。


フェニルアラニンの服用量


以下の用量は科学的に研究されています。


精神的な落ち込みなど


1日あたり、250mgから500mgを2回、空腹時に摂ります。


ダイエット時の空腹感


製品ラベルの指示に従ってください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。