5-HTPの効果・副作用・摂取量

5-HTPの概要


現在は数多くのサプリメントが商品化されており、自由にサプリメントを購入できるようになりました。
以前は、不足しないようにという目的でマルチビタミンなどのサプリメントを利用する人が多かったように思いますが、現在ではサプリメントの効果を積極的に利用する人が増えたように思います。


このようなサプリメントの利用で目立ってきているのが、精神的なトラブルに対処できるサプリメントです。なかでも有名なのが、うつの症状を軽減するセントジョーンズワート5-HTP(5-ヒドロキシトリプトファン)です。


脳内にはセロトニンという物質があり、セロトニンは感情の変化に影響を及ぼしています。
セロトニンが多すぎるとセロトニン症候群という別な問題が発生しますが、少なすぎるとうつなどの症状を起こす原因となることがあります。


セントジョーンズワートは、脳内のセロトニンを増やす効果があるため、うつの症状を軽減する助けになりますが、即効性がありません。通常、効果が現われるまでに2週間から4週間の時間を必要とします。


一方、5-HTPはセントジョーンズワートよりも早く効果が現れ、有効性も高いとされています。


まず、5-HTPはアミノ酸であるため、体内への吸収が非常に早いという特徴があります。
さらに、5-HTPはセロトニンの直接の原料になります。
5-HTPはセロトニンの前駆物質といわれており、体内で化学変化によりセロトニンに変換されます。


うつの治療で最も一般的に処方されるのがSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)といわれているものです。
SSRIは脳内で減少していくセロトニンを特別な作用方式により、セロトニンの濃度を一定にする効果があります。
そして旧来の抗うつ薬と比較すると副作用が少ない傾向があり、一定の効果が期待できることから主要な抗うつ薬として多用されています。しかし、SSRI離脱症候群や賦活症候群などのSSRI特有の副作用があることも事実です。


5-HTPはSSRIとはまったく違うアプローチでうつの症状を軽減します。


5-HTPはセロトニンの前駆物質であるため、5-HTPを摂ることで脳内のセロトニンを増やすことができるという単純なメカニズムです。
セロトニンは時間とともに減少していきますが、原料となる5-HTPを摂ることで、セロトニンの枯渇を防ぐことができます。


5-HTPは不眠症のような睡眠障害にも効果があります。
セロトニンは体内でメラトニンに変換されます。
メラトニンとは脳の松果体から分泌されるホルモンで、睡眠と覚醒のサイクルを調節しています。
通常、夜はメラトニンが分泌され、眠気を感じるようになります。
しかし生活リズムの乱れなどが原因で、メラトニンが分泌されなくなると不眠の原因になります。
5-HTPを摂ることで十分なセロトニンが作られ、さらに十分なセロトニンはメラトニンの分泌を助けます。


5-HTPがダイエット目的で使用される場合があります。
5-HTPは空腹感を抑える効果があり、特に炭水化物への欲求を抑えます。
そのため、ダイエットに伴うストレスを軽減するために使用する人もいます。


5-HTPの効果



  • うつの症状を軽減する。


  • 食欲を抑える。


  • 快眠効果がある。



5-HTPの用途や特記事項


うつ病、不安症を軽減するために使用されます。


不眠症を軽減するために使用されます。


食欲を抑える(特に炭水化物)ために使用されます。


偏頭痛や緊張性頭痛を軽減するために使用されます。


月経前症候群(PMS)の症状を軽減するために使用されます。


5-HTPの副作用と安全性


5-HTPはサプリメントですが、医薬品または医薬品に類似するものとして使用することが大切です。
5-HTPは、好酸球増加筋痛症候群という重大な副作用を起こす可能性があります。


胸やけ、胃痛、吐き気、下痢、眠気などの副作用を起こす可能性があります。


5-HTPに関する特別な注意と警告


妊娠中や母乳哺育中


妊娠中や母乳哺育中における5-HTPの使用は避けてください。


ダウン症


ダウン症である人の場合、5-HTPを摂ることで発作を起こす懸念があります。
長期の5-HTPによる治療を受けているダウン症の人々の15%が発作を起こしたという研究報告があります。
ダウン症である場合は、5-HTPを摂らないでください。


5-HTPの服用量


以下の用量は科学的に研究されています。


うつ症状や不眠症の軽減


1日あたり、50mgから100mgの5-HTPを空腹時に摂ります。
5-HTPは他のアミノ酸やタンパク質と一緒の場合、吸収率が悪くなります。
そのため、5-HTPは必ず空腹時に単独で摂るようにしてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。